債務整理の方法のひとつの民事再生について

債務整理の方法のひとつとして持ち家を手放さずに借金の減額が可能な方法が民事再生です。

この民事再生は地方裁判所に申し立てを行うことによってその後の生活の再生を図ることができる方法で、家は失わずに住宅ローンを除いた借金を減額させることが可能です。

しかし、ブラックリストや官報には名前が掲載されることはデメリットとなります。

借金に陥ってしまうメンタルを治す取り組み

自己破産や任意整理などを体験し、もう二度と借金はしないと決意する人は多いでしょう。

ですが一度借金地獄を体験した人は、二度と借りないと決意したにも関わらず、また同じ事を繰り返してしまう傾向にあります。

そのような人たちに共通しているのは、意志の弱さです。

そのようなメンタル面を鍛えるケアが欧米に比べて貧弱なのが日本の行政の問題点のひとつです。

借金を完済していても可能な過払い請求

過払いに陥っている可能性は、消費者金融などからの高金利の借金を約7年以上に渡って支払い続けていた場合に多いのが特徴です。

過去に消費者金融、信販会社、クレジット会社などから、グレー金利で借り入れを行っていた場合に多くの過払い金が発生する傾向にあります。

一番のポイントはすでに借金を支払い負えている場合でも、過払い請求が可能な点にあります。