自己破産処理を法律家に依頼することで得られるメリット

通常、自己破産をするためには、20万円以上の財産全てを裁判所が選出する管財人が処分することになりますが、その費用が最低でも40万円近く必要になってしまいます。ですが、弁護士に依頼すればその費用を20万円程度にまで抑えることが出来ます。

弁護士が関わることで、小学館剤事件として処理することが出来るのが20万円まで費用を圧縮できる理由です。

過払い金は弁護士に依頼する方が無難になります

消費者金融で取引が長いと、過払い金が残ってる可能性が大きいです。

そこで少しでも早目に過払い金請求を行う事が大切になります。

ただし独力で返還請求を行うと、貸金業者との交渉が上手く行かない確率が高いです。

従って過払い金返還請求は、弁護士に依頼する方が無難になります。

できれば実績の豊富な弁護士に依頼する方が、良い結果に繋がりやすいです。

債務整理の方法のひとつの民事再生について

債務整理の方法のひとつとして持ち家を手放さずに借金の減額が可能な方法が民事再生です。

この民事再生は地方裁判所に申し立てを行うことによってその後の生活の再生を図ることができる方法で、家は失わずに住宅ローンを除いた借金を減額させることが可能です。

しかし、ブラックリストや官報には名前が掲載されることはデメリットとなります。